RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
しみ取りには、例えばレーザー治療が効果的なしみ
 しみ取りには、例えばレーザー治療が効果的なしみや、薬を服用することで改善するしみなどさまざまな種類があります。またしみが出来る原因や過程の違いなどにより種類分けが出来ます。しみの種類を知ることで、しみの原因やしみ取りの対策が違ってきますので、まずは自分のしみがどのタイプに当てはまるかを把握しておくほうがいいでしょう。

しみ取り-老人性色素斑その1
しみの種類の中には老人性色素斑と呼ばれるタイプのしみがあります。この老人性色素斑は老化伴うしみといわれています。若いころに日焼けなどで紫外線を浴びていた場合に、30代以降になるにつれしみとなって現れてきます。老人性色素斑のしみは比較的多いタイプだと思います。

しみ取り-老人性色素斑その2
老人性色素斑は若いころから紫外線を浴びていたために起こるために、紫外線を受けやすい箇所に多く出てきます。老人性色素斑の中には、大きいしみとなってしまったり、盛り上がった状態のしみになることも多いようです。

しみ取り-老人性色素斑その3
しみ取りには皮膚科に通うことが一般的です。しかし老人性色素斑の場合、若いころからの日焼けなどが原因となっていますので、まずは日焼け対策をしていくことが大切です。ただしみが出来てしまったらどうしようもないので、皮膚科でカウンセリングを受けてみることをオススメします。

ななや さつまなでしこ



しみ取りには、例えばレーザー治療が効果的なしみや、薬を服用することで改善するしみなどさまざまな種類があります。またしみが出来る原因や過程の違いなどにより種類分けが出来ます。しみの種類を知ることで、しみの原因やしみ取りの対策が違ってきますので、まずは自分のしみがどのタイプに当てはまるかを把握しておくほうがいいでしょう。

しみ取り-脂漏性角化症その1
しみの種類の中には脂漏性角化症と呼ばれるタイプのしみがあります。脂漏性角化症の原因としては、老人性色素斑と同じく若いころからの日焼けなどとなります。このように紫外線はさまざまなしみの原因となっています。今からでも遅くはありませんので、紫外線対策をしていきましょう。

しみ取り-脂漏性角化症その2
脂漏性角化症はしこりのような良性の腫瘍が出来てしまう症状をいいます。脂漏性角化症の特徴としては、表面がザラザラしていて、色は褐色となっています。しこりのような形状のためしみの中でも非常に目立ってしまうしみとなります。

author:sirataro, category:-, 16:38
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:38
-, -